スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せどりーまん

仕事帰り、20時を過ぎた古書店ロックオフはまさに人種の坩堝と化していた。

仕事帰りのビジネスマン、部活帰りの学生、いかにも暇を持て余していそうな初老の男性たち。

そして、忙しそうに客の間を縫って走る、アルバイト店員。

木村カエラのベストアルバム『5years』がかかる店内で、ところどころ塗装の禿げた携帯電話を片手に、僕は本棚を眺めていた。

ビジネス書コーナーに目をやると、そこには、ヤマト自動車関連の書籍がずらっと並んでいる。
『ヤマト自動車の真実』、『ヤマト生産方式』、『ヤマトビジネス革命』、... etc。

1年前はヤマト自動車と名前がつくだけで飛ぶように売れていた書籍たちは、今は用済みとなってしまったかの様に105円のpopが飾れた書籍コーナーに、所狭しと並んでいた。

頭の中にふと記憶がよみがえる、それはもう1年前になるであろうか。

『今月から残業はしなくていい。』

課長が朝礼中にそう告げた。

北米のバブルがはじけた影響で、自動車関係の仕事はぱったりと無くなってしまったのだ。
大手自動車会社の下請で、自動車部品を作っている会社は、ほとんどすべて不況の渦に巻き込まれてしまった。

僕の勤めている会社も例外ではなく、すでに製品を作っても売れない状況に陥っていた。
社員全員がそのことを理解していたので、課長の宣言に文句をいう人間は一人としていなかった。
そういうわけで、残業が無くなってできた時間とお金の両方を埋めるため、
僕は『せどり』を始めたのだった。

『せどり』とは、古書店などで安く買ってきた本を、ネット上で高く転売する行為を言う。
ネット上には『せどり』に関する情報が多く紹介されており、それを始めることはさして難しくはなかった。

それ以来、僕は仕事が終わった後も、疲れた体をひっぱりロックオフを廻っているのだ。

ふと思い立ち、ヤマト自動車関連の書籍の値段を二、三冊ほど携帯電話でサーチしてみる。
携帯電話の画面はすべてのヤマト関連本の価値を1円と叩き出していた。

本当は、1円本であることを僕は知っていたのだが、何か違うことを確かめてみたくて、携帯電話のボタンを叩いてみたのだった。

今日は、あまりいい本が見つからない。
きっと、先に来た同業者が良い本を持って行ってしまったのだろう。

棚にはところどころ本が歯抜けになってしまっている。

ふと、題名が気になった本があったので、僕は携帯電話でISBNを叩いてみる。

【自己を最高に生かす!】



『悪くないな。』

そうつぶやいて、書籍のページをめくってみる。

そこには、これが『生きがいだ!』という実感があるか?と書かれていた。

僕は少し笑いながら、『せどりは生きがいか?』と自分に問いかけてみる。

仕事を失った僕の、時間とお金と心を埋めたものが『せどり』であるならば、
それは【生きがい】と言えなくもないのかもれない。

そんなことを考えながら、僕は書籍をかごにそっと入れた。

今日は、もうこれ以上本を見つけることが出来そうにない。
僕はあきらめてレジで精算を済ませて、ロックオフをあとにする。

そうだな、もう少しは、せどりのお世話になりながら僕は生きていこうと思う。

【生きがい】と思える実感は、少しずつ見つけていけばいいさ。

人気ブログランキングへ
↑↑↑ランキング参加中です
気が向いたらランク上昇にご協力お願いします。
せどりの実用ネタではなくてごめんなさいm(_ _)m
えくの趣味的なネタなので生温かく見守ってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ex
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
高値売り上げランキング
★1_SNOOPY BOOKS 50周年記念復刻 全86巻(55,000円)
☆2_蛍光体ハンドブック(24,989円)
◆3_Driving Ambition: The Official Story of the McLaren F1(19,999円)
4_自由への長い道―ネルソン・マンデラ自伝〈上・下)(17,840円)
5_Stay Young Forever―写真集野村沙知代(15,999円)
6_漢書〈3〉/漢書〈5〉/漢書〈8〉3冊SET(15,501円)
7_クォン・サンウ2009年公式DVD&写真集The Nude~ブラックボックス~(11,100円)
8_PostScriptリファレンスマニュアル第3版 (9,753円)
9_ウイニングトリック パソコン競馬必勝の法則!(9,580円)
10_ベヨネッタ設定資料集 THE EYES OF BAYONETTA(9,499円)
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。