スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高値売り上げランキング更新!

高値売り上げランキング更新!しました!

日に日に更新が厳しくなるのですが、なんと歴代3位に入る健闘ぶりです。


105円⇒19,999円

久々の高値、プレミアでした。

今月は出品も頑張っているので、調子が良いです。

大体、exの好調は2Wの売り上げが10万円以上なんですが、
今回はすでに1Wで10万円を突破!!

過去最高益をたたき出せるか!

あと一週間がんばります!!
スポンサーサイト

せどりの売り上げについて2

はい。

前回売り上げが伸び悩んでいることと、その原因がどうも売り上げ単価の減少によるものであることを、
データで示しました。

もう少し、深掘りしていきます。

売り上げ単価が以前に比べて低下したのはなぜでしょうか?

おそらく、原因は下記2つです。

1.在庫品の単価が価格競争により下落した。
2.せどり基準が甘くなった。

1 は非常に面白い結果です。

確かに、この影響は実感として感じます。

仕入れから時間が経過した在庫は、低価格で販売する場合が多いです。

在庫品に対しては、時間に比例したディレーティングを加えれば補正できます。

その場合、在庫に対する新陳代謝(古い本が売れて新しい本に入れ替わる)のような考え方(理論)がでてきます。

飽和在庫に達したとしても、古い順に在庫は値下がりをしていきます。
それに対して、新陳代謝(仕入れ&販売)がどれだけ影響していくのか?

実際にはフレッシュな在庫から売れていくでしょうから、
新陳代謝に寄与する販売の割合は小さいでしょう。

実際に売り上げに貢献する在庫は、日々減少していきますが、
仕入れによる増加と、売り上げとの兼ね合いで、どこかで飽和すると思います。

新陳代謝のスピードも考慮する必要がありそうです。

新陳代謝がよければ常にフレッシュな在庫を持つことができるので、
在庫品の平均単価の値下がりは小さいです。

逆に、新陳代謝が悪いと在庫品の値下がりが激しく、
在庫が増えて売り上げ数は増えるが、単価は安くなり、
売り上げ金額は伸び悩むのです。
(えくはこの負のサイクルの入口に入っています)

これは時給が下がることを意味しており、最悪の結末ですね。

在庫整理(強制的新陳代謝)をしないまませどり続けると、
恐ろしいことになりそうです。

また、この知見からよくわかるのは、出品者数というのがとても重要なパラメータだということです。

出品者数が少ない本は値下がりが少ない優良な在庫となります。
逆に、出品者数が多い本は、無下がりが大きい、難しい在庫となります。

2 をシミュレーション結果に織り込むのは難しそうです。
しかしながら、出品数が増えて慣れてくるにつれ、薄利多売の傾向になるのは、
セドラーのサガかもしれません。

exはなるべく、基準が均一になるようには気をつけてはいますが、
売り抜く自身が出てくると、多少安値でもせどってしまいますよねぇ。

せどらーごとのばらつきということでゆるしてぇ。

さて、ここにきてこのブログの命題が定まってきたように思います。

いかに、売り上げ単価を上げる(保つ)か、

ということを本ブログの命題にしていこうと思います。

以上。

せどりの売り上げについて1

今日のネタはexにとっては、とっても恥ずかしいんですよ。

ホントはあまり公表したくはないのですが、
そういうデータほど需要があるものです。

そう、肝心かなめの売り上げ実績です。

これを見ればexのせどらーとしての錬度がバレバレです。

Exめ!この程度かよって思われるんだろうなぁ~と(汗)。

しかぁ~し、ブログの題名にせどり理論と掲げている以上は、
このデータを出すことから逃れられません。

せどり初心者さんもこのデータをみてもらって、自分でもできそうだなと思って頂けたら、
これ幸いなわけです、はい。

まぁ、前置きはこの程度にしておいて、下記グラフを見て下さい。

1


理論値は、理論在庫と理論販売数、そして、平均単価から算出したシミュレーション結果です。

どうですか?
ぱっと見、大きく外れていないように見えますが、

よくみると、前半は理論値に対して上回ってますが、後半は下回っていることがわかります。

なぜ売り上げが理論通り増加していかないんでしょうか?

売り上げ=平均単価×販売数ですので、予想される原因は下記の2つです。

1.販売数が伸び悩んでいる。
2.売り上げ平均単価が低下している。


ということで1、2について、データを示します。

1.2週間当たりの販売数の推移

3e.jpg


2.2週間あたりの売り上げ平均単価の推移

212.jpg


1の販売数は理論値に対してよくフィットしていますので、こちらが原因ではなさそうです。

ということは。。。そうです、原因は2の売り上げ平均単価です。

売り上げ平均単価が以前に比べ明らかに低下してきています。

なぜでしょうか?

これについての考察は長くなりそうなので、次回にします。乞うご期待!。

人気ブログランキングへ
↑↑↑ランキング参加中です
気が向いたらランク上昇にご協力お願いします。

★せどり理論による初心者入門コース★

◆目標

・暇な時間を使って半年で月利益5万円を実現する!

◆達成用件

・1日の仕入れ平均:5冊

・平均売り上げ単価:1,000円
(*サーチ上は870円平均でOKです。
amazonからの入金:870 × 0.85 + 260 = 999円)

・売上率:0.7%

せどり理論によるシミュレーション結果は下記になります。

資料

*赤が在庫、青が2週間当たりの売り上げ金額になります。

月利益5万円を達成するためには、
BOの単Cメインの背取りで、おおよそ月の売り上げ10万円達成できればOKです。
(利益が月の売り上げの50%というのは、かなり余裕を見て見積もっています。)

グラフではトランザクション(2週間の売り上げ)で記載しています。

半年間も実践すれば、在庫400冊程度で目標を達成できることがわかります。

これから、せどりをはじめようという方は、
先ずは1日平均5冊の仕入れと、
平均売り上げ単価1,000円を目指して下さい。

その上で下記グラフのラインを上回っているようであれば安心して下さい。

5冊/日であれば、一日一回、1時間程BOを廻れば余裕でしょうし、
週末に数件廻って35冊仕入れてもいいでしょう。
空き時間で十分実現できます。

平均売り上げ単価1,000円(*amサーチ上870円)はせどる冊数が少ないので、
多少シビアに500円程度で売れる本からせどって行くといいと思います。

月平均で見れば山谷あって1,000円位は達成できるとおもいます。

売上率0.7%は比較的易しい値になりますので、
amazonランク20~30万を中心にせどっていけば余裕で達成できます。
(そもそもamazonランク70万程度までせどるexが達成している数字なんですから。)

あと、在庫500程度であれば奥深の本棚(本を2列挿入)が1台あれば管理できると思います。

まずは1週間やってみてください。
上記基準をクリアするのはそれ程難しくないことが解ると思います。

5万円/月は確実に稼げますよ。

人気ブログランキングへ
↑↑↑ランキング参加中です
すこしでも参考になられた方はぜひくりっくおー、exのやる気につながります!

せどり理論

先ずは、せどりをはじめた2009.11.02~2010.06.06までの販売数のデータを公開します。
う~ん、ばらついていて良くわかりませんね。
売り上げの波が激しいことが良くわかります。

1.jpg


そこで、週ごとで平均を取ってデータ数を減らしました。
31週分のデータです。

112.jpg


どうですか?

2箇所突出している点がありますが、これにはそれぞれ心当たりがあります。
①は価格改定ソフトを導入してすぐのデータです。
それまで、最低価格になっておらず売れ残っていた優良在庫が一気に掃けた形です。

②はかなり出品を頑張った週のデータです。
1週間に200冊近い出品をしましたので、その影響です。

上記①、②の特異点を除くと大体きれいな右肩上がりのグラフになっています。
これは、日々の仕入れにより、在庫が増加し、売り上げが上昇したためです。

私は1日の仕入れ目標を10冊として、多少浮き沈みはありますが目標に近づくよう努力しています。
例えば、1店目で4冊しか仕入れられなければ、2店目へ行く。
1店目で10冊仕入れられれば、2店目はパスして早く帰るみたい感じです。
(仕事帰りの数時間勝負ですので、10冊がなかなかきびしいですねぇ。)

昨日紹介したせどり理論を元に理論値(0.7%)をプロットして重ねてみるとこんな感じになります。

31124.jpg



私の場合、1日の売り上げ実績数は在庫の0.7%で理論値に近い値となっています。

以上の考察から、私が現状のペースでせどり続けた場合の限界値が見えてきます。

つまり、仕入れ数 = 販売数となる在庫(飽和在庫)に達した時点が限界値です。

理論値を売り上げ数が飽和するところまでプロットすると下記のようになりました。

4.jpg

しばらくは、売り上げは増えていきますが、約1年後には壁に当たることがわかります。

その際の飽和在庫は1428冊。
月の売り上げは、10冊×30日=300冊
1冊あたりの単価平均が現状1,141円ですので、
1,141×300 = 342,300円

これが、理論的限界値です。

これをブレイクスルーする方法は二つ。
1.販売単価を上げる。
2.仕入れ数を増やす。

なんか当たり前の結論になってしまいましたが。。

まぁ、本理論は現状から最終的な売り上げの限界を推察できる点と、
飽和在庫を知ることができるという点で、有用かもしれません。

以上。

人気ブログランキングへ
↑↑↑ランキング参加中です
気が向いたらランク上昇にご協力お願いします
プロフィール

ex

Author:ex
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
高値売り上げランキング
★1_SNOOPY BOOKS 50周年記念復刻 全86巻(55,000円)
☆2_蛍光体ハンドブック(24,989円)
◆3_Driving Ambition: The Official Story of the McLaren F1(19,999円)
4_自由への長い道―ネルソン・マンデラ自伝〈上・下)(17,840円)
5_Stay Young Forever―写真集野村沙知代(15,999円)
6_漢書〈3〉/漢書〈5〉/漢書〈8〉3冊SET(15,501円)
7_クォン・サンウ2009年公式DVD&写真集The Nude~ブラックボックス~(11,100円)
8_PostScriptリファレンスマニュアル第3版 (9,753円)
9_ウイニングトリック パソコン競馬必勝の法則!(9,580円)
10_ベヨネッタ設定資料集 THE EYES OF BAYONETTA(9,499円)
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。